BS |不動産用語集

BS (びーえす)

企業の一時点の財産の状態を表す書類で、財務諸表のひとつである。BSは、英語のbalance sheet(バランスシート)の略。

左右に分かれていて、左側(借方)には資産が、右側(貸方)には負債と純資産とが計上されている。そして、資産の額は、負債額と純資産額の和と等しい関係にある。

BSの資産の部に計上されるのは、
ア)流動資産(現金・預金、売掛金、商品・製品、貸倒引当金等)
イ)固定資産(土地・建物、備品、投資有価証券等)
ウ)繰延資産(開業費、新株発行費、社債発行費、開発費、試験研究費等)
の額である。

また、負債の部に計上されるのは、
ア)流動負債(買掛金、未払金、未払費用、短期借入金等)
イ)固定負債(長期借入金、社債、長期前受収益等)
の額である。

純資産の部に計上されるのは資産と負債の差額であるが、これは、
ア)資本金
イ)剰余金(資本準備金、利益準備金、その他の剰余金に区分)
に区別される。

これらの額は、複式簿記の記録をもとに分類・計算され記載されている。

BSの作成方法は、企業会計原則によって定められている。また、株式会社は、BSを含む財務諸表を公告しなければならない。

いわば、企業の状態を財産のストックで捉えた書類といえる。一方、財務諸表のもう一つの構成要素であるPL(損益計算書)は、企業活動の状態を財務上のフローで捉えた書類で、両者が相まって企業の活動状態を定量的に示すこととなる。

 

用語解説

PL

企業の一定期間の収益・費用の状態を表す書類で、財務諸表のひとつである。英語のprofit and loss statement(プロフィット アンド ロス ステイトメント)の略語。 

一定の期間(年間、半年間または四半期間)の企業活動によって生じた収益(売上高、営業外収益、特別利益)および費用(売上原価、販売費・一般管理費、営業外費用、特別損失、法人税額・住民税額等)が、複式簿記の記録をもとに分類・計算され記載されている。さらに、特定の収益と損失とを差し引き計算して、営業損益、経常損益、純損益が示されている。

PLの作成方法は、企業会計原則によって定められている。また、株式会社は、PLを含む財務諸表を公告しなければならない。

いわば、企業活動の状態を財務上のフローで捉えた書類といえる。一方、財務諸表のもう一つの構成要素であるBS(損益計算書)は、企業の状態を財産のストックで捉えた書類で、両者が相まって企業の活動状態を定量的に示すこととなる。

キーワードから探す

頭文字から探す