メック・デザイン・インターナショナル 
インテリアコラム

第2回 インテリアをセンスアップさせる5つの基本 Vol.2

「モデルルームのような素敵なインテリアの住まいにしたい!」と感じたことはありませんか?ただ、自己流でインテリアをコーディネートしても、なんだか雑然としてしまい、モデルルームようなインテリアを実現することが難しい…。
そのようなお悩みに、三菱地所グループのインテリアデザイン会社「メック・デザイン・インターナショナル」が全2回に分けてお答えいたします。

Q

お部屋全体の雰囲気がバラバラとしており、何だかまとまりません…。
モデルルームのように雰囲気を統一するコツが知りたいです。(30代・女性)

基本その4家具選びは「素材」も重視する

まずはシンプルに、素材がかもしだす印象のみで選んでよいと思います。例えば、あたたかみを感じさせる木の素材は、インテリアにも同じ印象を与え、木の本来の色に近いほどナチュラルな印象になります。一方、ガラスや金属は硬くてシャープな印象なので、ぬくもりのある家にしたいなら避けたほうがよいでしょう。逆に、ナチュラルな雰囲気が好きだけれど、少しだけシャープにしたいという場合には、あえてガラスや金属等の硬質な素材を少しだけ取り入れるのもアリです。
最初にテイストを決めておけば、どの家具から選んでも大きくはぶれないと思いますが、全体のバランスは大事です。例えば「ローラ アシュレイ」のような花柄アイテムが大好きという方でも、インテリアのすべてを花柄にしてしまったら、うるさくなってしまいますよね。カーテンを花柄にするなら、ソファはシンプルにするというように、バランスを取ることが大切です。

基本その5飾り物は何か一つ「規則性」を持たせる

小物などを飾るときは、何か一つでも規則性を持たせてあげると、グッとセンスアップします。例えば、色使いですが、黒・白・グレーのモノトーンで統一する、または、使う色を2色だけにするというように。
逆に雑貨屋さんのような雰囲気にしたいなら、色とりどりの小物を合わせるという選択もありますが、色をモノトーンで揃える、素材を揃えるというのは、一番簡単で取り入れやすいセンスアップの方法です。

今回は5つの基本的なルールをお伝えしましたが、まずは「いろんなインテリアを気にすること」から始めてみてください。好きだと思うインテリアに出会ったら、「なぜ好きだと思ったのかな?」と気にしてみると、「私は陶器の花瓶の素朴感が好きなんだ」などと気づきを増やすことができます。
最近は服の店舗でも、服だけではなくライフスタイル全体を提案しているケースが多いので、好きなブランドの店のディスプレイを見るだけでも参考になるでしょう。「心地いい」「好き」をストックして、感性を研ぎ澄ませていくことがインテリアのセンスアップにつながると思います。
※掲載の画像は全てイメージです。